大阪大学医学部 Python会 (情報医科学研究会)

Now is better than never.

GitHub desktopアプリの使い方

2018-10-28(Sun) - Posted by 安水 in 技術ブログ    tag:GitHub

Contents

    githubとはなにかの説明は省略しています。githubについて知らない人は先にいろいろ調べてみましょう。今回はgithub desktopについてです。

    レポジトリの読み込み(プロジェクト開始時の一回のみ。)

    1

    github上のレポジトリとLocal pathを指定。

    2

    これでうまくcloneされていたらOK


    毎回の流れ(基本編)

    一日の作業の初めにFetchしてきて、最新の状態に同期する。

    3

    ファイルを変更、加筆すると自動的にアプリに反映される

    4

    作業の区切りがついたら左下のSummeryに適当にコメントを付け、commit to master。 コメントはもうちょっと丁寧に付けましょう。。。

    5

    pushして変更を反映させる。

    6

    まとめると、fetch(pull) -> commit -> push のライフライクルです。

    CLIでの操作

    デスクトップアプリはwin,macではあるが、Ubuntuでは無いらしいので、同じ作業をCLIでやる必要がある。ただし、基本は同じで

    $ git pull origin master
    $ git add --all
    $ git commit -m "コメント"
    $ git push origin master
    

    って感じでやればOK。branchやmerge、プルリクエストについては触れていません。