大阪大学医学部 Python会 (情報医科学研究会)

Now is better than never.

甲状腺細胞診分類モデル@日本臨床細胞学会

2021-06-24(Thu) - Posted by 安部 in 技術ブログ    tag:Machine Learning

Contents

    自分が大阪大学データビリティフロンティア機構の技術補佐員としてモデル開発に携わっている研究が、6/4~6/6に開催された第62回日本臨床細胞学会総会にて発表がありました。 テーマは『甲状腺細胞診画像から癌の種類を予測する』でした。

    この抄録のp112にある 「s3-3AI を用いた甲状腺細胞診支援システム(ADDICT)の開発に向けて」です。

    初学会参加

    旅費を援助して頂いたので幕張まで行って学会に参加してきました。様々な研究を聞いて新たな着想を得たり、質問をする過程で議論が深まったりと良い経験となりました。

    ドメイン知識

    モデル作成にあたってCAMを見る必要があったのですが、4月にはCAMが妥当か全くわかりませんでした。しかし、かの有名な病理総論のテスト勉強のおかげで~~癌は~~という特徴があるから~~な細胞に注目していると妥当だろう!というような判断が少しできました。深層学習モデル作成に必要なドメイン知識が辛い?テスト勉強から得られたのは貴重な経験でした。

    cytology_img